商材

ホットストーンと海泥温熱パック

こんにちは、サロンドトゥシェの春名です。
 
今日は、私がサロンのトリートメントに取り入れているプラスアルファのアイテムについて。
 
私がサロンのケアで大切にしていることの一つが、温めること。
 
そんな温めアイテムの主なものが、「ホットストーン」と「海泥温熱パック」
 
「ホットストーン」はイメージできる方が多いかなと思います。
 
 
「海泥温熱パック」とは、タラソテラピーの一種で、良質のミネラルたっぷりの海の泥を使用したパックのこと。
 
フリーズドライした海泥に水を加えることでペースト状になり、それがプクプクと自己発熱して温かくなるという仕組み。
 
だいたい40度くらいにまでなり、それをこんな感じで背中に当てたり、足裏に当てたりします。
 
個人差はありますが、結構発汗するので、パック後は温まると同時にスッキリ爽快!身体が軽くなった感じがするという感想をよく頂きます。
 
 
こういったアイテムを施術に組み込むことで、通常のアロマトリートメントだけよりも確実に身体が緩んだりリラックス効果があることは、お客様により実証済み!
 
季節のトリートメントにはこういったオプションアイテムを組み込んだり、通常のコースにはない商材を取り入れたりと、目新しさやお得感を感じて頂けるような内容にしています。
 
来月からの季節限定コースには、久しぶりにこの「海泥温熱パック」が登場します。
 
そこで、お客様からよく聞かれる「ホットストーンと海泥温熱パックって効果に違いはあるの?私にはどっちがオススメ?」という質問についてお答えしていきます!
 
 
どちらも身体を温めて代謝を上げるという点は、共通しています。
 
なので、どちらも身体の芯から温まってポカポカ、施術後もそれが持続します。
 
私の個人的解釈では、簡単に言うと、ホットストーンはリラックス効果、海泥温熱パックはデトックス効果に優れているかなぁという感じです。
 
 
ホットストーンは、約50度に温めた石を使ってトリートメントします。
 
温かい石でトリートメントされる感覚はなんとも心地良く、身体が緩むのはもちろんのこと、心まで緩むというか、深ーいリラクゼーションの世界に落ちていく感じです。
 
ほとんどの方が眠りに落ちますね。施術後は、心も身体もゆるゆる~。
 
それだけリラックス効果が高いと言えるかと思います。
 
 
海泥温熱パックは、温めて代謝を上げるのと同時に、老廃物や毒素を泥が吸収したり汗として排出するので、後のスッキリ感を感じやすいかもしれないです。
 
むくみや身体の重だるさを取ってスッキリしたい!という時には特にオススメです。
 
別名デトックスパックと言われるくらいですし、デトックス効果は高いと思います。
 
ただ、海洋成分が高濃度に含まれるため、ヨードアレルギーや甲状腺に疾患のある方には使用できません。
 
 
簡単に言うと、違いはこんな感じです。
 
とは言え、体験して頂くのが何よりわかりやすいかと(笑)好みもありますしね。
 
ホットストーンも海泥温熱パックも通常コースにオプションとしてお付けすることもできますし、来月からの季節限定コースでは足裏に海泥温熱パックのついたコースを体験できますので、気になっている方はぜひお試し頂けたらと思います!
 
 
 

代々木上原のプライベートエステサロン サロンドトゥシェ

東京都渋谷区西原3-45-16 Sherry C号

営業時間 10:00~22:00(最終受付20:00)

オンライン予約はこちらから

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中